姦無きを以て吠えざるの狗を畜いべからず(かんなきをもってほえざるのいぬをかいべからず)の意味

犬の諺 姦無きを以て吠えざるの狗を畜いべからず

姦無きを以て吠えざるの狗を畜いべからずの意味や類義語・対義語

  • 出典
    【蘇軾】(そ しょく)
    中国北宋代の政治家、詩人、書家。

 

  • ことわざの意味
    悪人がいないからといって、吠えない犬を飼う必要はないという意味。
    天下泰平の時代でも、無能な人間を選ぶべきではないというたとえ。

 

  • 類義語
    鼠無きを以て捕らざるの猫を養うべからず。

 

  • 対義語
    馬鹿と鋏は使いよう。

 

  • 意味が近い英語

 

 

犬A
犬A
飼い主さんの会社、募集かけても人が集まらないから、専門外の人雇ってみたら案の定全然使えない人だったらしい…。
適材適所は大事だよね。姦無きを以て吠えざるの狗を畜いべからずっていうからねぇ。
犬B
犬B

チョット苦しい…

 

 

犬のことわざ検索
あいうえおかきくけこさしすせそ
たちつてとなにぬねのはひふへほ
まみむめもやゆよオオカミ

 

参考文献犬のことわざや慣用句、故事成語の情報は、ネットからではなく、【新明解故事ことわざ辞典】や【新明解故事ことわざ辞典】などの辞書や参考書を中心にしてまとめました。
参考にした書籍