乳狗人を博ち伏鶏狸を博つ(にゅうくひとをうちふくけいりをうつ)の意味

犬の諺 乳狗人を博ち伏鶏狸を博つ

乳狗人を博ち伏鶏狸を博つの意味や類義語・対義語

  • 出典
    【古列女伝】
    中国前漢の劉向によって撰せられた女性の史伝を集めた歴史書。
  • 中国の戦国時代、秦が魏を滅ぼした時に、魏の王国の子を乳母が抱いて逃げた。追跡する秦軍に発見された乳母は、身をもって王子を庇い、数十本の矢を受けて王子と共に死んだ。
    この乳母の王子を守る一途な行為を称したことばの一節。

 

  • ことわざの意味
    乳を飲む子犬を育てている親犬は、人間に対しても飛びかかり、卵をあたためている鶏は狸にも恐れずに向かっていくという意味。
    お弱い者が、我が子への愛情によって強くなることのたとえ。

 

  • 類義語
    焼け野の雉子夜の鶴。
    子を思う夜の鶴。

 

  • 対義語
    熱火を子に払う。

 

  • 意味が近い英語
    A mother’s heart is always with her children.
    (母の心は常に子供と共にある)

 

 

 

犬のことわざ検索
あいうえおかきくけこさしすせそ
たちつてとなにぬねのはひふへほ
まみむめもやゆよオオカミ

 

参考文献犬のことわざや慣用句、故事成語の情報は、ネットからではなく、【新明解故事ことわざ辞典】や【新明解故事ことわざ辞典】などの辞書や参考書を中心にしてまとめました。
参考にした書籍