両虎相闘いて駑犬その弊を受く(りょうこあいたたかいてどけんそのへいをうく)の意味

犬の諺 両虎相闘いて駑犬その弊を受く

両虎相闘いて駑犬その弊を受く(りょうこあいたたかいてどけんそのへいをうく)の意味や類義語・対義語

  • 出典
    【史記】
    中国前漢の武帝の時代に司馬遷によって編纂された中国の歴史書。

 

  • ことわざの意味
    二頭の虎が闘えば、その疲れに乗じて駄犬がうまい汁を吸うという意味。
    強豪同士が戦っているすきに、弱小の者が労せずして利益を得ることのたとえ。
    駑犬=つまらない犬

 

  • 類義語
    漁夫の利。
    両虎食を争う時は狐其の虚に乗る。
    犬兎の争い。
    濡れ手で粟。

 

  • 対義語
    二兎を追う者は一兎をも得ず。
    大欲は無欲に似たり。

 

  • 意味が近い英語
    Make a lot of money without much effort.
    (何の努力もしないで沢山の利益を手にする)

 

 

犬A
犬A
うちの選挙区でライバルの票が割れてしまって、どうでもいい人が当選してしまったね。
犬B
犬B
まさに両虎相闘いて駑犬その弊を受くだな。

 

 

犬のことわざ検索
あいうえおかきくけこさしすせそ
たちつてとなにぬねのはひふへほ
まみむめもやゆよオオカミ

 

参考文献犬のことわざや慣用句、故事成語の情報は、ネットからではなく、【新明解故事ことわざ辞典】や【新明解故事ことわざ辞典】などの辞書や参考書を中心にしてまとめました。
参考にした書籍