殿の犬には食われ損(とののいぬにはくわれぞん)の意味や類義語

犬の諺 殿の犬には食われ損

殿の犬には食われ損(とののいぬにはくわれぞん)の意味や類義語・対義語

  • ことわざの意味
    殿様の飼っている犬では、いくら噛みつかれても抗議もできす諦めるしかないという意味。
    権力のある者には、どんなことをされても手向かいできず、泣き寝入りするしかないことのたとえ。

 

  • 類義語
    主人と病気には勝てぬ。
    長い物には巻かれろ。
    泣く子と地頭には勝てぬ。

 

  • 対義語

 

  • 意味が近い英語
    We must fall down before a fox in season.
    (我々は頃合いを見計らって、キツネの前にひれ伏さなければならない)
    If you can't beat them,join them.
    (勝てない相手なら仲間になれ)

 

 

犬A
犬A
うちの飼い主さんが社長の子供の御守り頼まれて、やりたい放題のわがまま息子で大変だったみたい。
殿の犬には食われ損っていうし、なにされても逆らえないよね。
犬B
犬B

 

 

犬のことわざ検索
あいうえおかきくけこさしすせそ
たちつてとなにぬねのはひふへほ
まみむめもやゆよオオカミ

 

参考文献犬のことわざや慣用句、故事成語の情報は、ネットからではなく、【新明解故事ことわざ辞典】や【新明解故事ことわざ辞典】などの辞書や参考書を中心にしてまとめました。
参考にした書籍